住まいのリフォームで大切なことは、リフォーム会社の担当者と
実際に工事をする職人さんとの深いつながりです

神戸の住宅リフォーム会社です。 内装・外装リフォームならお任せください。

tel:079-511-8404
お問い合わせ・資料請求
求人情報
兵庫ガスセンターTOP > 介護リフォーム&バリアフリーリフォームについて

介護リフォーム&バリアフリーリフォームについて

トイレの手すりを取り付け

介護リフォームとは、介護される方が住み慣れたご自宅で安心して生活することができ、また介護する方のお体の負担をも軽減するための住まいの改修です。またバリアフリーリフォームとは、高齢者や障がい者の方の生活に不便な障害を取り除くという考え方に基づき行われる住宅改修で、どちらもご自宅内の段差の解消や手すりの取り付け、建具(開き戸や引き戸など)の改修等を行います。

昨今、他の大規模なリフォーム店やホームセンター、大型家電量販店などの新聞折込チラシやネット広告、新聞紙上掲載の広告などではリフォーム工事の安売り合戦が派手に繰り広げられています。

廊下の手すりを取り付け

しかし、介護リフォームやバリアフリーリフォームについて大々的に宣伝しているお店は少ないかと思われます。

といいますのも、介護リフォームなどの柱である『介護保険住宅改修』や『神戸市住宅改修助成事業』の工事は一般的なリフォーム工事と違い、関係機関各所と工事を行う施工業者との間で何度も書類のやり取りが必要になります。

特に神戸市住宅改修助成事業は、関係機関である(一財)神戸在宅医療・介護推進財団との間で交わす書類の複雑さから敬遠する施工業者もあるようです。

またその書類のやり取りを行うにあたり必要となるのが、①介護リフォームに関する専門知識 ②介護事業者や関係機関と、工事を行う施工業者とのネットワークです。当社は20年以上前から『介護認定』『障害者手帳』をお持ちの方向けのリフォームを行ってきました。当社が介護保険住宅改修や神戸市住宅改修助成事業の工事をスムーズに進めることが出来るのは先ほどのネットワークの強さにあります。

浴槽の工事

『確かな仕事を、少しでも少ないご負担で・・・』をモットーに、地域の皆様が少しでも長く住みなれたご自分の家で安心、安全に暮らすためのお手伝いをさせていただきたいと思っています。ご質問などがありましたらどうぞお問い合わせください。

また、道路に面した当社の1階案内所で、介護保険住宅改修と神戸市住宅改修助成事業について詳しく案内しております。『申請から工事にかかるまでの流れはどうなってるの?』『うちはいくら助成金をもらえるの?』など、助成事業に関するさまざまな疑問にお答えできるような内容になっております。
どうぞお越しになってご自由にご覧ください。

※もちろん、介護保険等に関係なく通常のリフォーム工事としてバリアフリーリフォームのご依頼も承っております。バリアフリーな状態はご高齢や障害のある方にとってだけではなく、子どもや妊婦さんなど様々な方にとって使いやすいものです。

改修の一例

居室

  • ・居室の畳敷きをフローリング敷きに改修
    併せて段差の解消(床のかさ上げ)をする
  • ・開き戸を引き戸に改修
  • ・必要箇所に手すりの取り付け

玄関

  • ・必要箇所に手すりの取り付け
    (戸建住宅は玄関外に設置可)
  • ・玄関框に式台設置
  • ・折りたたみイス設置
改修の図面

便所

  • ・和式便器を洋式便器に取り替え
  • ・洋式便器を身体状況に見合った洋式便器に
    (便座面の高さを高くする)
  • ・段差の解消
    (床のかさ上げや沓摺りの切り下げなど)
  • ・必要箇所に手すりの取り付け
  • ・扉の改修(開き戸を引き戸へ)や
    開き戸の吊元変更

廊下・階段台所

  • ・段差の解消
  • ・必要箇所に手すりの取り付け
  • ・扉の改修(開き戸を引き戸へ)や
    開き戸の吊元変更

浴室・洗面所

  • ・在来タイル浴室の浴槽を浅型浴槽に取り替え
  • ・在来タイル浴室を浅型浴槽仕様のユニットバスに
    併せて床を滑りにくい材質の床へ
  • ・バランス釜設置浴槽を浅型浴槽に取り替え改修し
    釜を他給湯器(パックイン、壁掛け型)に
  • ・浴室開き戸を折れ戸に取り替え
  • ・必要箇所に手すりの取り付け
介護保険住宅改修 神戸市住宅改修助成事業
利用できる方 要介護認定で要支援1から要介護5の認定を受け在宅で生活される方。 要介護認定で要支援1から要介護5の認定を受けた方、もしくは身体障害者手帳をお持ちの方で在宅で生活される方。
助成額 要介護状態区分に関係なく18万円(改修費用上限20万円の9割)を上限として助成(保険給付)されます。※改修費用の1割が自己負担となります。 100万円から20万円(介護保険等の住宅改修費)を控除した額に、生計中心者の課税状況に応じた助成率を掛けた額が助成されます。
申込みから工事完了
までにかかる期間
おおむね2週間から1ヶ月。 おおむね3ヶ月。
所得制限 ありません。 世帯構成員(※)の中で生計の中心となる方の、前年度分の所得金額が600万円(給与以外に収入がない場合は給与収入で800万円)を超える場合は制度を受けられません。
利用可能回数 利用限度額20万円に達するまで何度でもご利用可能です。 原則として1世帯につき1回限りのご利用です。
その他 初めて住宅改修を行ったときの介護度と比較して、要介護状態が3段階以上あがった場合や、転居して新しい住宅の改修を行う場合は利用可能額が増える場合があります。 ※住民票のうえでは世帯を分離していても、現に同居している方については全て同一世帯構成員とみなします。
当店よりメッセージ

当店より
メッセージ

スタッフ紹介

スタッフ紹介

私達が選ばれる5つの理由

当店がリピーター率
80%以上である
5つの理由

施工事例

施工事例

リフォームの流れ

リフォーム
ながれ

お客様インタビュー

お客様
インタビュー

職人さん紹介

職人さん紹介

NPO法人ひょうご安心リフォーム推進委員海 らくらく家事サポート
ページ上部へ