住まいのリフォームで大切なことは、リフォーム会社の担当者と
実際に工事をする職人さんとの深いつながりです

神戸の住宅リフォーム会社です。 内装・外装リフォームならお任せください。

tel:079-511-8404
お問い合わせ・資料請求
求人情報
兵庫ガスセンターTOP > 兵庫ガスセンターの外装工事について

兵庫ガスセンターの外装工事について

私たち兵庫ガスセンターは皆さまのお家に合った最適な塗装工事をご提案させていただきます。リフォーム工事の内容やまたそれぞれの工事の持つ意味合いは様々ですが、塗装工事というものはメンテナンス的な要素の大きい工事だと私は考えています。それはつまり断熱塗料や遮熱塗料により建物の機能性をアップさせるという機能向上の意味がとても大きいということです。またもちろん、年月が経った建物の外観を美しくリニューアルしたいというご希望もあるでしょう。でも多くの方は建物や壁の老朽化やひび割れ、あるいは屋根の劣化が心配になり塗装工事を検討されているのが実状です。

私たちは塗装工事の際には必ず『建物を守るためにはどうしたら良いか・・・』を第一に考えてお話をさせていただいています。それは高級な塗料を使えば家が長持ちする、というような単純な問題ではありません。必要な工事内容というものはその建物それぞれによって異なります。塗料を塗ることだけで十分に家を保護できる場合もあれば、壁の下地修繕やその他の補修工事が必要になるケースも多々あります。

『単に塗料を塗っただけの塗装工事で、すぐに塗膜がはがれてきた』
あるいは逆に
『不必要な部分まで勧められるまま工事をしてしまい、業者に多額な費用を請求された』
などなど、そんなお客様のお話を私は現場でよく耳にします。

阿原 健史

外壁塗装工事において何よりも大切なことは、現在の建物の老朽化具合を確認・把握し、建物の劣化を防ぐための必要な補修方法を検討した上で、そのお家に最適な工事方法を選ぶということです。私たちの塗装工事が皆さまの大切なお家を守るため、また建物の資産価値を高めるためのお役に立てれば幸いです。

(株)兵庫ガスセンター 阿原 健史

外壁塗装工事のポイント

1.適切な工事時期を判断する

建物の外壁の種類にもよりますが、モルタル壁やサイディング壁では一般的には約10年から15年で外壁を塗り替えるのがよいでしょう。外部環境や現在塗っている塗料や下地の状況にも拠りますので一概には言えませんが、10年を過ぎ外壁にひび割れ(クラック)や細かい粉がふく状態(チョーキング)、塗装のハガレなどが目立つようであれば一度点検をお勧めします。

外壁のひび割れ
外壁塗装工事

外壁塗装工事というものは適切な時期を逃しますと次第に建物自体の劣化にもつながり、工事の際に劣化部分の補修代やその他修繕のための費用が余計にかかってしまう場合がありますのでどうぞご注意ください。外壁塗装工事のお見積もりは無料(※)で行っておりますので、どうぞご遠慮なくお問い合わせください。

※ただし、屋根の調査や雨漏り調査などで高所調査が必要になる場合は、作業費用がかかる場合があります。ご依頼内容をお聞きした上で費用がかかる場合はその旨前もってお伝えいたします。

2.最適な塗料を選ぶ

塗料は実に様々な種類があり、それぞれに違った特徴や性能があります。現在戸建て住宅では以下の塗料がよく使われています。

フッ素樹脂塗料 耐用年数 15年~20年
シリコン樹脂塗料 耐用年数 10年~15年
ウレタン・アクリル樹脂塗料 耐用年数 5年~8年

長い目で見ますと耐久性の高い塗料を選ぶほうがお得だとも考えられますが、塗料の材料費は高くなりそれに伴い工事費用も高くなります。

塗料を塗る
塗料を吹きかけ

前述のシリコン樹脂塗料は耐久性も高く汚れにも強く、コストパフォーマンスにも優れていることから、一般的な戸建住宅のリフォームではお勧めの塗料です。また『遮熱、断熱塗料』といった機能性を重視する塗料も増えつつあります。その他、ゴムのように伸び縮みしやすい弾性塗料や無数の細かいひび割れを保護する役目を持つ塗料もあります。いづれにしても大切なのは、現場の壁材質や下地の状態に合い かつ皆さまのご要望に応じた塗料を選択するということでしょう。

3.必要に応じて壁や屋根の下地の補修をする

塗装工事の前段階である下地の処理工事は、塗装が終わってしまえば、しばらくの間は見えなくなってしまう部分なのですが、この『目には見えないけれど、とても大切な工程』の必要性をどれくらい重要視するかは、その業者のモラルや建築に対しての姿勢が問われる部分であると思います。例えば、モルタル壁のヘアークラック(表層部分のひび割れ)や構造クラック(深部に達するひび割れ)、既存塗膜面のふくれ・はがれ等々、建物は経年劣化により様々な症状が出てきます。

壁の補修
壁の下地

修繕方法としては下地の微弾性フィラーやシーリング、樹脂モルタル充填など、適材適所の処理が必要ですが、それらの修繕部分を目立たなくするだけではなく原因を探り対処することが大切になります。また場合によっては表面部分からの補修だけでは限界があり(壁内部の腐食が激しい場合など)壁の貼り替えなどの工事が必要となるケースもあります。

施工の流れ

STEP.1

足場の組み立て

塗装工事は足場の組み立てから始まります。しっかりとした足場で安全に工事を行うことは塗装工事の質の向上へとつながります。近隣の建物へ塗料の飛散を防ぐ養生シート、また窓やドアなどへの塗料の付着を防ぐテープやビニールによる保護も工事の大切な工程です。

足場組み立て
STEP.2

高圧洗浄

洗浄により外壁や屋根の汚れ、コケ、藻、カビなどの汚れを落とします。『高圧水洗』『高圧洗浄』と呼ばれ100~150kg/c㎡もの強い圧力の水を専用ホースで噴射して塗装面を洗浄します。コケや藻などは洗浄というよりも汚れを薄く剥ぎ取るような感覚です。この準備段階の作業を丁寧にすることにより、新しい塗料をより強力に付着させます。

高圧洗浄
STEP.3

下地修繕、下塗り

既存の壁の下地を修繕します。ひび割れや老朽化が激しい場合はシーリングを含めた壁の修繕も検討します。その後、微弾性フィラーやシーラー(プライマー)などの材料で壁と塗料の密着を高めるための下塗り作業を行います。これらの工程をおろそかにしてしまいますと、いくら良い塗料を使用しても塗膜が長持ちせずに早期の劣化につながります。

下地修繕
STEP.4

中塗り、上塗り

中塗りと上塗りは同じ材料で行います。まず塗膜の厚みを確保し、またその塗膜を長持ちさせるための中塗り作業を行います。中塗りで壁を覆う力を高めた後、上塗りで最終仕上げを行います。

中塗り、上塗り
STEP.5

雨どい木部・鉄部塗装

雨どいや軒天井、破風板などの木部、バルコニー手すりや雨戸の鉄部分の塗装を行います。塗装面のサビや剥がれかけた塗装材料を除去するケレン作業を行い、鉄部にはサビ止め塗装を行った後、仕上げ作業となります。

雨どい木部・鉄部塗装
STEP.6

足場解体、点検、引渡し

塗り残しや塗りムラの点検を再度行った後養生シートを撤去します。その後、足場の解体や周辺掃除を行いお引渡しとなります。

引渡し
当店よりメッセージ

当店より
メッセージ

スタッフ紹介

スタッフ紹介

私達が選ばれる5つの理由

当店がリピーター率
80%以上である
5つの理由

施工事例

施工事例

リフォームの流れ

リフォーム
ながれ

お客様インタビュー

お客様
インタビュー

職人さん紹介

職人さん紹介

NPO法人ひょうご安心リフォーム推進委員海 アラフィフスタッフによるほぼ1分間で読めるコラム
ページ上部へ