住まいのリフォームで大切なことは、リフォーム会社の担当者と
実際に工事をする職人さんとの深いつながりです

神戸の住宅リフォーム会社です。
内装・外装リフォームならお任せください。

tel:078-511-8404 tel:078-511-8404
お問い合わせ・資料請求
求人情報
兵庫ガスセンターTOPTOP > 社長になんでも無料メール相談 > 今までにいただいたご相談一覧 > 40年前の木造住宅、耐震性能が心配です

40年前の木造住宅、耐震性能が心配です

築40年の木造住宅に住んでいますが耐震性能が大丈夫か見てもらうにはどうすればいいでしょうか?(60代 女性)

これから長く住んでいく家であればやはり耐震性については心配ですよね。
ご心配な場合は、念のため耐震診断を受けらるのがいいでしょう。
耐震診断は、現在の住宅の劣化具合や間取り、強度を現場調査により判断し、その建物自体の耐震性能を数値化して強度を客観的に判断するものです。
また、1981年6月以前に建てられた住宅であれば、神戸市/兵庫県の公的機関で無料耐震診断を受けることができます。
また、補助金制度を利用して兵庫ガスセンターでも耐震調査をさせて頂くことができますので遠慮なくご相談ください。
難しい手続き等はこちらで行いますのでご安心ください。

(耐震基準の判断材料の目安)
お住まいの住宅の耐震性能を考える際に、一つの目安となるのはその住宅が1981年6月に建築基準法で制定された『新耐震基準』を満たしているかどうかどうかということです。
『新耐震基準』というのはそれ以前の『旧耐震基準』に比べて耐震性能が強化された住宅性能の基準です。
つまり、住宅を建てる時に市町村に申請をした『建築確認済証』が1981年の6月以降に交付されたものであれば、『新耐震基準』を満たしているものと考えらますので一つの安心材料にはなるでしょう。
ただ、上記をクリアしている住宅でも、長年経過する中で、壁や柱、基礎など部分部分で極端な劣化や老朽化がないかどうかも合わせて調査していきたいものですね。

イベント案内

イベント案内 お客様に楽しんでいただける様々なイベントを企画しています

アラフィフスタッフによるほぼ1分間で読めるコラム 会社案内・求人ムービー 代表メッセージ 社長になんでも無料メール相談 当店よりメッセージ

当店より
メッセージ
私たちのモットーとする「正しい工事」についてお話しさせてください。

スタッフ紹介

スタッフ紹介 兵庫ガスのスタッフをご紹介します。

当店がリピーター率70〜80%である5つの理由

当店がリピーター率
80%以上である
5つの理由

施工事例

施工事例 お客様のご要望をしっかりとお聞きし新築以上の価値のあるご自宅に・・・。

リフォームの流れ

リフォームの
ながれ
一般的な工事の流れについてご説明します。

お客様インタビュー

お客様
インタビュー
本音をお話ししていただきありがとうございました!

職人さん紹介

職人さん紹介 私たちが頼りにしている職人さんをご紹介します。

NPO法人ひょうご安心リフォーム推進委員会 兵庫ガスセンターLINE公式アカウント
ページ上部へ